和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2011/12/17 定例会 

H23.12.17(土)和泉葛城山定例会 
 参加者:藪卓代表、弘田(午前中のみ参加)、國方、
梶川、朝井、橋本、秋丸、神庭、小島、藤原、土井、塚越氏の12名。
今年の後始末として、間伐作業に藪卓代表、秋丸、神庭、小島、藤原、土井、塚越氏の7名が平成8年度植栽地と道路の間の檜の間伐・除伐を前回に引続き実施する。
木柵道・ブナ樹調査を弘田、梶川、朝井、橋本、の4名が実施する。牛滝道は2箇所の床欠損あり。牛滝側林内に入り、元日本4番目の大きさのブナ樹(旧274)の腐り(H:60cm)を確認、並びにその横の5本の植栽木の調査、並びにN293(旧301)の大枝(φ60cm)の折れ、枯れN293(旧301)の調査:今年の夏頃の台風で大枝(φ60cm)の折れ枯
れ確認。午後も引続き檜の間伐・除伐を実施する。
  1. 2011/12/17(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2012/12/04 定例会 

H23.12. 4(日)定例会報告  
参加者:藪2名、松尾、梶川、朝井、橋本、秋丸、神庭、宇戸平氏の9名。
間伐作業に藪卓代表、藪利、松尾、秋丸、神庭、宇戸平氏の6名が平成8年度植栽地と道路の間の檜の間伐・除伐を前回に引続き実施する。右記の通り、檜の間伐・除伐がほとんどけりが付き、来年は植樹もできそうである。梶川、朝井、橋本氏は木柵道の掃除・修理を実施する。
  1. 2011/12/04(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0