和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2011/09/07 定例会 

H23.9.17(土)定例会
参加者:弘田、山條、秋丸、藤原、土井、原田親子(3名) 計8名
・H8年度植栽地の上部混交林のヒノキの間伐作業(5名参加)。混交林地は谷合で急斜面のため歩行でも厳しく、作業は非常に厳しい状況です。コナラ(φ20〜30cm)が多数生えており、ヒノキを間伐しても余り空は見えない状況である。もしブナを移植する場合は少しコナラ等を除伐する必要が生じる可能性が考えられる。

・11時頃から雨小降り、それぞれ間伐を継続するも、30分後、雨がきつくなり作業を中止する。

作業小屋テラスで参加者全員揃って昼食をとる。終了後、解散。
・軒裏に鳥の新しい巣あるが、鳥の種類は不明。   

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.274118265941135.72903.260720740614221&type=1
  1. 2011/09/17(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2011/09/04 定例会 

H23.9.4(日)定例会(台風12号の雨のため、活動中止)
参加者:藪卓、弘田、國方

・「緑の交付金」の申請並びに年度末収支報告等について打合せ。
・H8年度植栽地の上部混交林のヒノキの間伐跡地への移植(H8年植栽地或いは塔原の畑)。
・新潟ブナの今後の調査・対応等について、打合せを行う。
  1. 2011/09/04(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0