和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2011/03/06 ブナ移植作業 

3/6 定例会報告
参加者;弘田、藪(卓)、藪(利)、國方、松尾、秋丸、宇戸平、山條、神庭、小島、梶川、神田(初参加) 及び佃造園2名 計14名?

午前中は全員でH8年植栽地のブナ樹を隣接の新規皆伐区域に移殖作業。

今回は樹高5mのものもあり、掘り取りはプロの植木屋さんに依頼した。鉢土が重くて移殖場所まで斜面を運搬するのは大変だった。
午後からは移殖樹の支柱設置等。予定の4本(約5m、4.5m、3.0m、2.2mの4本)移殖完了。

弘田、梶川、新人の神田の3名で林内案内を兼ねて、ブナの花芽調査実施。

現時点では全般に花芽の付き具合は低調だが、68本調査中16本に花芽を確認した。

天候は晴れのち曇り、小屋の気温2℃〜3℃ 作業中以外は寒い。 14時頃から小雨模様で早めに早目に下山した。

     



  1. 2011/03/06(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0