和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2010/09/18 定例会 

天気も良く、かなり秋らしくなったと思われる。
26〜27℃ほどか。

弘田、藪利、松尾、平井、國方、秋丸、宇戸平、奈須、鍋島、内田氏の10名参加。

平井、松尾、國方は作業小屋テラス床を水洗い(塗装下地処理)。

藪利、秋丸、宇戸平、奈須、鍋島、内田氏は間伐等を実施(巡視路3コーナー下:植栽ブナ周辺の檜林間伐及びテープ巻き)

弘田はブナ調査を実施(B239~242、B216~224,1004~1007、及び未登録樹5本)。

イヌブナ(B240,241、B216,217,218,219,220の7本)を確認。

B239,242,221,1004~1007、未登録5本はブナ樹。

また、B216(8本立)は4或いは5本の木の複合体かもしれない、確認要。(別添、写真!)

宇戸平氏はエビフライ及び檜丸太の輪切り数枚を採取。

鍋島氏、内田氏が会員登録。

作業小屋前の太陽光発電の太陽の受光面を影にしてる檜・コナラの枝打ち(ハシゴ)を実施。

また、横の枯れ松も除伐。クロヒカゲを確認。

20100918 20100918 20100918 20100918
  1. 2010/09/18(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2010/09/05 定例会 

定例会報告です。

参加者:藪利英、國方、松尾、橋本、平井、朝井、宇土平、秋丸、神庭、岡野、中道、弘田及び藪卓、日本森林ボランティア協会4名の計17名。

新規参加の岡野・中道(府大生)、弘田は頂上、鳥居、牛滝デッキ、塔原デッキ、作業道を回り、作業小屋へ、ブナ及び樹木等説明。

巡視の途中、牛滝デッキ下でブナ樹(N185)の1mほどの所の片側が折れて、10mほどが斜面に倒れているのが確認できた。

また、マタタビの実、作業小屋下でアカゲラを見たり、森の中にキツネノカミソリの種、エビフライ(マツポックリのリスの食べ残し)などが確認されました。

橋本・朝井さんは塔原デッキ手摺・柵の塗装を実施。

また、小屋に帰ると松尾・平井さんが作業小屋デッキの床洗い(塗装の下拵え)を行っていました。

その他の10名は小屋下の間伐を実施。

國方さん、日本森林ボランティア協会の3名は午前中で帰宅。

日本森林ボランティア協会4名は間伐のプロで、午前中1.5時間で檜13本ほどを間伐されたとのこと。

午後は引続き橋本・朝井、岡野、中道さん達は塔原デッキ手摺・柵の塗装を実施、松尾・平井さんは作業小屋デッキの床洗いを実施しました。

他の方達7名は作業小屋下の間伐を行う。
  1. 2010/09/05(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0