和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2010/3/27 定例会 

昨日は、和泉葛城山へ移植樹の根撒き、花芽調査、挿し木実験状況など、更に
花芽調査時、鳥類標識調査の現場に立ち会いました。
1.移植樹の根撒き NO.478(487は間違い)、512、507(昨年の手帳を確認済み)
NO.478の根は4割程度、根周辺を確認した状況では4本が1.5~1.7mほど伸びて
いる。また、NO.512も1.5mほど伸びていました。
2.花芽調査 23本(ブナ11本:2本のみ(10%,80%),イヌブナ12本:花芽なし)
3.鳥類標識調査の現場 山階鳥類研究所 中村進氏(田中正視先生の後輩とのこと)
4.挿し木実験 藪利さんの自宅庭に450本を確認





  1. 2010/03/27(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2010/03/20 定例会活動 

 3月20日(土)定例会活動 

晴 気温:24.2、7.4℃(平年:13.8、5.6℃)

・参加者:藪利英、松尾、橋本、平井、朝井、秋丸、神庭氏、弘田、山口・櫻井氏(損保ジャパン:11:30頃到着)の10名。東岸和田で国方氏会計を打合せ。

・平井氏を残し、藪利英、朝井(書記)、秋丸、神庭氏と弘田、松尾、橋本氏(書記)の2チームで花芽調査を実施。172本(70,102)を調査。午後、来年移植のブナ樹を再特定(損保Jを同伴):NO.478、512、507及び513を選定。

1本間伐を実施。

  1. 2010/03/20(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0