和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

2010/02/20 研修会 

 2月20日(土)研修会 福祉総合センター 

曇 気温:9.7、1.9℃(平年:10.0、2.9℃)

・参加者:藪利、国方、橋本、秋丸、神庭、山條、坂井、藪卓、酒井、田中先生、原田氏(協会)、弘田の12名。

・「宇宙から見た地球環境」について 酒井靖博氏(環境カウンセラー、推進員、その他岬町等の団体) 

・「和泉葛城山のブナ林はどこへ行くのか、どこから来たのか?」 森川利信氏(大阪府立大学 大学院 生命環境科学研究科 助教授)
 ブナ17集団のミトコンドリアDNAハブロタイプの?、F型で和泉葛城山グループ(大和葛城山、金剛山、護摩壇山)は関東、東北太平洋地方の集団と同じ地理的分布クレード?に属する。日本海側から南下してきたクレード?集団?、B型(能勢妙見山、五波峠)の起源は二元的である。若木集団の遺伝子多様性は減少傾向と推定、種子繁殖の植栽事業に、挿し木や取り木などのクローンによる栄養繁殖を取り入れては!









  1. 2010/02/20(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2010/2/14  

第7回共生の森(堺市、第7-3区) 植樹祭

・参加者:梶川氏、野上氏、弘田、ほか、521名(9チーム、スタッフは別?)とのこと。 

・各自、5本ほどを植栽し、他に3,4本植える状態で、小学生の指導を行う。

 梶川さん、弘田は同じ1組で、20m×20mに200本、メンバーは約50名が植栽する。
  1. 2010/02/14(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

2010/2/7 研修会 

和泉葛城山、研修会  岸和田市立福祉総合センター(10:00〜12:00)  晴 気温:9.3、0.3℃(平年:9.1、2.1℃)

・参加者:藪卓、松尾、橋本、平井、宇戸平、国方、朝井、秋丸、神庭、酒井、山條、田中、小島恵美氏他2名(新人)、弘田の16名。

・「和泉葛城山ブナ林保全活動について〜この 20数年、そしてこれからは?〜」 田中正視先生()の話は大幅に変わる。内容:函南原生林(箱根)、比叡山のブナ林、京大の芦生演習林などが鹿被害(下草全てがなくなり、幹の皮を咬まれるなどの被害)により、植物の多様性など、どうなるか予測不能の状況。また、工藤英美氏(NPO 白神ネイチャー協会代表)が九州、大阪にも来場、この鹿の食害など、色々な植物の保全対策をどうするか、などの話あり。

更に、知合いの「ほんみち教」の十津川ブナ林(1800ha)も鹿被害あり。早急な対策が必要と思われる。

・ただ、和泉葛城山ブナ林にはまだ来ていないと思われる。また、大阪府のブナ林(金剛山、大和葛城山、妙見山)は

他から孤立しており、鹿被害が発生していないと思われる。
  1. 2010/02/07(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0