和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

定例会 

真夏の定例会です。
平地での気温は34℃に達しています。
山へ登る道路に入ると、車窓から流れ込んでくる空気はだんだんとひんやりしてきます。
山頂はサイコーに気持ちいい空間です。

夏のおもな作業は下草刈り。
作業小屋の補修班と下草刈り班に分かれて作業しました。
途中参加の数人で、湧き水付近の整備や間伐も行いました。

このところ雨が少ないので、湧き水もほとんど出ていません。
山の保水力も弱っているのか、土もボロボロと崩れてしまうような状態です。

間伐に精を出して、ブナの木を守りつつ周辺も縄文の森化して山の保水力をUPさせねば・・・

先は長いが、気長に気楽に楽しく今日も作業を終えました。



  1. 2008/08/16(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

定例会 

夏の定例会。
山頂を吹き抜ける風はヒンヤリ気持ちいいです。
でも、ちょっと動くと汗がダラダラ・・・。
今日も張り切っていきましょう。

さて、本日の定例会、NPO法人「地球環境と大気汚染を考える全国市民会議
(CASA)のスタッフ(4名)及び「CASA地球環境大学」参加者(6名)の10名が新たに参加してくださいました。

いずれも、間伐などの作業は初めての体験だとか。
午後の時間を利用して、実際に間伐していただきました。
ひとりあたり2本ぐらいは伐ったのではないでしょうか。

これからも参加していただけると嬉しいです。



いつものちびっ子軍団も、マイ手袋持参で精を出しております・・・


活動の様子は、こちらで。
定例会
  1. 2008/08/03(日) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0