和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

定例会 

2008/6/21(土)和泉葛城山定例会 参加者:4名 降水確率:40/60 和泉葛城山 (10:00~11:30)
 ・H8植栽地北側、今春移植した部分が陰にならないよう東側檜林を間伐すべくテープ巻き、テープがぶちぶち切れる、蚊多く、中止。
 ・黒坂、藪利英、国方、弘田:役員会。?終身会員への広報誌、総会資料等の送付の件
 ?クラブのチラシ発行の件 ?帽子、ジャンパーの作製 ?10周年事業の予算及び内容について ?ガイドブックの作成の件 等々を打合せ。
  1. 2008/06/21(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

定例会 

和泉葛城山作業小屋(10:00〜12:30)

 ・ボラ連:2名、平野氏他5名、会員9名が参加し、黒坂氏と2人で、新人8名を同行し、展望台から頂上、牛滝デッキから塔原デッキ、途中、風で折れたブナの小枝4本採取。また、通路、デッキなどでブナの木の豊作(樹上の殻斗)を確認。
 ・頂上手前、鳥居から蕎原道を下り、看板横を曲がり、木柵から平成8年度植栽し、4月移植した場所を通り、作業小屋に帰る。

和泉葛城山ブナ林観察会。(和歌山県環境生活部環境政策局、他主催)
  和泉葛城山 茶店前トイレ横(12:30〜14:30)
 ・スタッフ:大阪府、岸和田市、貝塚市、泉州農と緑の総合事務所、トラスト協会、和歌山県、紀ノ川市、愛樹クラブ5名、以上20名
 ・参加者:当日受付を含め30名余。まず、国の天然記念物:和泉葛城山ブナ林、ブナの葉などについて説明。頂上から、塔原デッキ、牛滝デッキを経て、約70分で完了。その後、参加者に「リョウブ」の薄板にスケッチ等各自記載し、解散。
  1. 2008/06/01(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0