和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

花芽調査 その2 

昨日に引き続き、20日もブナ樹の花芽調査を実施しました。

4/19 コア部― 73本、バッファー部16本(岸和田、及び塔原道横貝塚側)
4/20 コア部― 35本、バッファー部 5本(貝塚側)
合計 コア部―108本、バッファー部21本  総合計:129本

今年は、一昨年並みの豊作のようです。
トラスト協会とも調製し、9,10月には種回収用のネットの設置等を相談していきたいと考えています。

  1. 2008/04/20(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

花芽調査 

前日までの大雨で、山頂へ近づくにつれて、どんどん霧が濃くなってきます。
今日は、ブナ林に分け入って、花芽調査です。

花芽が確認できると、秋には種が採取できる期待が出てくるので、どのブナが芽吹いているか確認しておきます。
花芽が出たブナの根元付近にネットを張っておいて、種が落ちてくるのを待っていようという算段(ネットを張るのは秋なんですけどね)。

この時期、常緑樹のほとんどないブナ林では、周りの木々がまだ葉っぱが出ていないので、ブナの芽吹いている様子が容易に確認できます。

ブナ林を歩き回って、88本のブナから花芽を確認できました。
いくつかの木の様子は、↓のウェブアルバムに載ってます。
霧中で少し映りが悪いですが。

花芽調査
  1. 2008/04/19(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

 

2008/4/11(金)大阪みどりのトラスト協会事務局長等と打合せ トラスト協会(11:20〜12:20)
ブナ樹花芽の開花状況調査報告(豊作15、まずまず34、少豊作7:計56本)を行う。

平成8年植樹ブナの移植(9本)、根巻き(12本)、発育不良木20本などの移植、挿し木等々について打合せ。
  1. 2008/04/11(金) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

みどりの功労賞 

ブナ愛樹クラブが「みどりの功労賞」を橋下知事からいただきました。

また、和泉葛城山では、黒坂、藪利英、国方さんたちが調査いただき、56本
(豊作16本、まずまず34本、少ない6本)のブナ樹の花芽が見ることができたと
のことです。

今年の9,10月の種採取ができるか、楽しみです。

昨日、さらに3月25日の移植・根巻きの内容を確認し、今後の間伐の場所、新
たな移植の場所等を考えた。その辺を整理し、トラスト協会と相談していきたい。
 


2008/4/6(日) 大阪府植樹祭 弘田、松尾、朝井氏3名参加。河南町弘川寺内(10:00〜11:00)
 ・来賓には、橋下府知事、衆院議員、府会議員、河南町長、大阪みどりのトラスト協会理事、
他、全体10名ほどが列席。
 ・大阪府みどりの功労賞、1団体(ブナ愛樹クラブ)及び個人5名が選ばれる。
 ・メーンの催しが終了し、橋下府知事も弘川寺を後にし、我々もトラスト協会の募金チーム並びにクラフトチーム(浅原、高橋、宇土平氏、他3名)、波田事務局長、天満氏などに挨拶、弘川寺本堂を拝み、その場を離れる。

2008/4/6(日) 和泉葛城山、定例会 和泉葛城山作業小屋(10:00〜14:30)
 ・参加者:黒坂、藪利、国方、平井、秋丸、江夏、橋本氏7名。作業小屋周辺の整備・片付け。
 ・平井氏、作業小屋周辺の整備・片付け。平井氏以外はブナ花芽調査を実施。牛滝側から塔原デッキ、蕎原道等を調査:56本の花芽樹木を確認。
 ・昼から、大阪府植樹祭から弘田、松尾、朝井氏3名参加。ブナ花芽調査が報告され、その内容を含
  め打合せを行い、その後、解散。
  1. 2008/04/06(日) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0