和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

ぶなの苗木 

昨年の大豊作で採取したぶなのタネは、食とみどりの総合技術センターで大切に育苗してもらっています。

今日は、その様子を観察してきました。
よく伸びています。

9月2日に牛滝側の間伐をしましたが、そこに生えている6,7年生より大きくなっていますね!!

今後が楽しみですね。
大きくなったら、和泉葛城に戻してあげるからね〜!!

食とみどりの総合技術センターの苗床

  1. 2007/09/06(木) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

定例会 

天気予報(前日9時前の降水確率:40/20)と違い、ほとんど晴れていました。
参加者は9名でした。

活動は、牛滝側道路横のコナラ、イヌシデ、その他の植栽地の間伐作業(7名)
並びに作業小屋下「落葉広葉樹植栽試験中の苗畑」のハゼ、ウルシなどかぶれる木や萱などの徐伐(2名)を実施しました。

 


コナラ、イヌシデ、その他の植栽地の間伐作業には、のぼり、旗を道路と散策道の境に立て、間伐を実施。途中、散策道を3組10数名ほどがわれわれに声を掛けてくれました。

間伐の終わったところはすっきりし、見やすくなっております。
間伐作業の横には、別添ヤママユガを見かけ、作業小屋下では平井さんが小鳥
(???)の巣を発見しました。



どちらも少し作業が残っており、次回(9/15)の活動日に引き続き実施予定です。なお、間伐材のコナラ、イヌシデ、ホウノキなど、次回参加時にはクラフト用に採取し、作業小屋屋根裏に置き、今後使用したいと考えています。



  1. 2007/09/02(日) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0