和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

晴天の山頂 

本日は、春うららかな山頂です。
山頂まで上ってくる間に、山桜やコブシの真っ白な花がきれいに咲いていました。
山の季節は、地上より2週間ばかり遅いようです。

今日は、10名ほどの参加のもと、間伐を中心に作業しました。
作業小屋近辺の間伐は順調に進んでいます。
タイヨウの光が差し込んできて、いろんな木々が芽生え始めています。
 


小屋のまわりでも、新芽がうれしそうにニョキニョキと顔を出し始めました。
これから夏に向けて、元気いっぱいの葉を広げていくのでしょうね。
 


片隅にひっそりとエイゼンスミレ発見!



活動の様子の写真はこちらからもどうぞ!
  1. 2007/04/21(土) |
  2. 未分類|
  3. コメント:0

間伐に精を出した一日 

4/1 ブナ愛樹クラブ定例会、活動報告です。

参加は11名。

作業小屋の横、谷筋の斜面のところの間伐を実施しました。
非常に能率が上がって、予想以上に広い範囲の間伐ができました。

明るさが増したはずだから草や木がしっかり芽を出して、今までずっと茶色だった地表が緑に覆われることを期待しています。
次回の定例会で続きをやる予定。

なお、弘田さんによる探索の結果、今年は花をつけているブナは4、5本だそうです。

次回の定例会のとき、花をつけたブナの見学に行くのもいいですね。
012N334

073B266

076N99

  1. 2007/04/01(日) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0