和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

ブナの殻斗 

定例活動で、ブナN107の様子を見に行きました。
写真で見えるように、種がついているのがよく見えます。
しかし、デッキの上には大量の殻斗が落ちていました。
殻斗の中にあるブナの種は実もスカスカです。
秋まで頑張って木についていてくれたら、よい種になるのに。
残念です。

20060617_ブナN107
ブナ N107

20060617_塔原デッキ1
塔原デッキに落ちた殻斗

20060617_塔原デッキ2
塔原デッキに落ちた殻斗


以下は黒坂さんによる活動メモです。

参加者 8名 (雨模様のためか少数であった)

午前中、初参加を含め三名は林内の観察に出かける。

私を含む5名は作業小屋の横からちょっと下がった所のブナの植栽地の下草刈り。
初期の頃の植栽地なので大きいのは高さ4m程度と思われるくらいに成長している。
概ねよく成長しているがウサギに噛み切られるなど何らかの理由で未だ1mにもなっていないものもある。
道の草を刈りつつ、草に負けそうなもののみその周辺を半径1m程度刈って行く。
全体の6〜7割くらい進んだところで雨が強くなってきたので作業中止。
小屋に戻り弁当を食べてから帰る。

なお、次の定例会からは雨で中止になったときは次の土曜日を予備日にすることにした。(少人数ではあるが反対もなく)

オレンジ色の木いちごがたくさんあった。
うまかった。
次回には赤い木いちごを食べられるかも。
来年はみんなで収穫してジャムを作りませんか。
白、紫、黄色、いろんな花が咲いていた。
きれい、かわいい、名前? 知らないよ。
あ、そうだ、登っていく道の横にホタルブクロがいっぱい咲いていた。
昔の人はこの花の中に蛍を入れ、ぽーっ・・ぽーっとにじむ儚げな光に人生の無常を重ね、その風情を愛したのだろうか。
いっぺんやってみたい。


20060617_ハナイカダ
ハナイカダ

20060617_ネジキ
ネジキ

20060617_カキノハグサ
カキノハグサ?

20060619144651.jpg
オカタツナミソウ

  1. 2006/06/17(土) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0

今回こそいい天気です 

前回まで雨ばかりだったので、ひさしぶりの例会です。
新らしく4名の方が参加されました。
それぞれ生駒、伊丹、大阪市、八幡市と遠くから参加いただきました。
ありがとうございます。

活動は、いつものように黒坂副代表が始めてこられた4名の方を作業道内のブナを案内しました。

また、神宮寺さんが育てた広葉樹20本を植栽し、そして喜田さん、橋本さん、木下さんの3名でブナの結実度調査を行いました。

昼からは、間伐チームと調査班に分かれて、それぞれ活動しました。
本日の間伐は10本。

参加者:神宮寺、宇戸平、喜田、弘田、藪卓、平井、国方、橋本、朝井、黒坂、松尾、木下、新しく4人の計16人(敬称略)

【ブナの状況】
・岸和田側のブナ、貝塚側のブナもしっかり実がついている。
・今年は豊作の年になりそうだ。
・どこに採集のためのネットを置くかを早急に検討しなくてはならない。
・6月にはいると、色々な木の葉が出てくるし、ブナの葉も多いのでなかなか実の状態がわかりにくい。
・特にブナの実は、日の当たるところに実ができやすく、上側につくので下からではわかりにくい。
・ブナの実の観察には4月までが適当だ。また双眼鏡が絶対必要だ。
・ブナの結実度の高いもの・・・岸和田側 N170,N173,N160,N293
・ブナの結実度の高いもの・・・貝塚側 N293,N230,N313,N314,N417,N317,N393 N392
  1. 2006/06/04(日) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:1

アサギマダラ 

愛樹クラブでは、定例活動の折に、アサギマダラという種類の蝶の追跡も行っています。
写真は、定例会で見つけたアサギマダラです。
こんな小さな蝶が何千キロも旅しているなんて信じられます?
私には信じられません。
今年は、アサギマダラに注目!
ブナ愛樹クラブ蝶班活動本格始動です!

アサギマダラについては、アサギマダラ・マーカーの広場を参考にしてください。

アサギマダラ

アサギマダラ

  1. 2006/06/04(日) |
  2. |
  3. コメント:0