和泉葛城山の新緑です   

天然記念物に指定されているブナ林(大阪の和泉葛城山)を守る、ブナ愛樹クラブ活動記録です。

第2回自然観察会 

前日の予報では、午前中は雨。
しかも激しく降るということで、観察会は中止の連絡を回していました。

ところが!!!!

次の朝、いざ起きてみると晴れているではないか!
そこで、急遽上久保先生に連絡し、観察会を実施することになりました。

牛滝の大威徳寺に9時集合。
天気はよかった。
早速境内あたりから観察を始める。
例によって、上久保先生の説明を聞きながら、新しい発見に胸が躍ります。
このあたりは、昔のままの広葉樹林がのこっていて、この一帯で150種類の樹木があるだろうということです。
ヤマボウシ、タラヨウ、カゴノキ、カラスザンショウ、マルバウツギ、オニタビラコ、キランソウ、ケヤキ、エノキ、ムクノキ、ヤブニンジン、アサダ、アオダモ、アカシデ、クマノミズキ、シラカシ、コモガヤ、ケンポナシ、ハナイカダ

と順調に観察会は進んではくれません(*_*)。

二の滝に差し掛かった頃、突然の雨です。
寺に戻って雨宿りをして、雨が上がるのを待ちましたが、一向にあがらない。
そこで、残念ではあるが、次回を楽しみに、中止の決断をしました。

ぜひ、次の機会は晴れますように。

出席者:上久保、喜田、福永、橋本、朝井、木下(敬称略)
  1. 2006/05/20(土) |
  2. 自然観察会|
  3. コメント:0

3度あることは4度ある。またしても雨。 

例会は雨のため中止です。
山小屋に登って、弘田さん、藪卓さん、朝井さん、木下さんの4人で作業道をみてまわりました。

【ブナの状況】
・塔原からの登り道、貝塚側がバッファで、岸和田側がコアゾーンのブナは実がいっぱいついている。
・今年は豊作の年になりそうだ。

【その他観察できた動植物等】
・今年は花が遅いのだろうか。
・花を探しているのに、コバノガマズミくらいのものだ。
・ウツギもほとんど咲いていない。
  1. 2006/05/20(土) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0

またしても雨。3回連続。 

ブナ愛樹クラブ定例会はまたまた雨のため中止です。
これで、定例活動は3回連続の雨中止です。

木下さん、弘田さんの2人が山へ登りました。
あっと、ここでアナウンサーの現地リポートが入ってきました。
現場の△○×さんを呼んでみましょう。

アナウンサー「はい。こちら雨の和泉葛城山にやってまいりました。早速お二人に突撃インタビューです。では最初に弘田代表、今日のブナの状況ははどうだったのでしょうか?」

弘田代表「そうですねぇ。昨年に比べ、実がついているのが多いです。今年は少し期待ができそうですよ。今の時期のブナの葉は、周りが黄色っぽい感じなので目立つんですよ。」

アナウンサー「そうですか! 今年は期待してよろしいんですね! では副代表、その他に観察できた動植物なんかはありましたか?」

木下副代表「ミヤマシキミが今白い花を咲かせ、満開でした。ユキザサも林内で発見しましたし、ホトトギスも芽を出し始めています。ほかには・・・。そうそう、ヤマウド、モミジガサ、タカノツメ、コシアブラ、シイタケ、ワラビ、ゼンマイを採集しました。」
弘田代表「ツルカノコソウも白い花を咲かせていました。いやぁ、今日は塔原のデッキから、葛城神社までツリバナが非常に多いことを改めて感じました。」
木下副代表「シロバナウンゼンツツジも白い花を咲かせていましたしね。」

アナウンサー「お二人とも、本日はお疲れさまでした。また楽しいお話を聞かせてくださいね!」

弘田代表「ええ、喜んで!」
  1. 2006/05/07(日) |
  2. 定例活動|
  3. コメント:0

岸和田市民祭り 

例年参加している岸和田市民祭りで愛樹クラブのブースを設けてブナ林保護をアピールしてきました。

参加者は弘田さん、国方さん、藪利さん、梶川さん、安村さん、由本さん、平井さん、木下さんの計8人です。

竹の花いれ(弘田)、竹笛(藪)、せみ太郎(国方、木下)、バッタ(シュロ葉による)(梶川)、人形(安村)など、クラフトで参加しました。

今年は、梶川さんのバッタが大人気でした。
冬の研修会では、ぜひ講習会を持って、より多くの皆さんがバッタを作れるようになったらなぁと思っています。
  1. 2006/05/03(水) |
  2. アピール!|
  3. コメント:0